So-net無料ブログ作成
検索選択

野良無線LANにタダ乗りしたら、法的に問題あり? [IT]

外出先で突然、「ある資料を至急メールで送信せよ」と、会社から電話がかかってきたとして、路上でノートパソコンを開き、ブラウザを立ち上げたところ、自分がネット接続できる環境にいないことを気づき、あたりを見回しても無料アクセスポイントのある飲食店はなさそうな状況で、ネットワーク一覧を開くと、いくつか無線LANの電波が飛んでおり、そのうちの一つには、パスワードロックがかかっていないようだが、そのネットワークを選択すると、はたしてパスワード入力もなしにネット接続できてしまったというようなセキュリティロックがかかっていなくて、簡単にタダ乗りできてしまう無線LANのことを、俗に「野良無線LAN」と呼ばれていますが、野良無線LANにタダ乗りする行為によって、通信内容の傍受であったり、法的リスクが高いために避けた方がよさそうだ。

このニュース、外出先からの無線を利用した通信は結構あると思っていますが、誰がやっているのかもわからない野良無線LANを使うのは相当なリスクがあるということを覚えておかないといけないと思います。その無線LANを経由するということは通信データが見られる可能性が高く、機密情報、個人情報などが入っており、流出したら社会的な制裁になる可能性があると思いますので、避けてほしいですね。。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。