So-net無料ブログ作成
検索選択

海外フリーWi-Fiスポットの危険 [IT]

出張中や移動中に重宝するフリーWi-Fiスポットだが、こうしたスポットで利用者の個人情報が盗まれるケースが増えてきている。なかでも海外は危険性が高いようだ。悪意を持った利用者がフリーWi-Fiスポットにいると、自分のインターネット上の通信をすべて見られてしまう可能性があります。簡単なツールを設置するだけで、同じスポットにいる利用者のパソコンとWi-Fiのアクセスポイントの間の通信を横取りして、内容を傍受することができるのです。そうなると、利用者のIDやログインパスワードが盗まれてしまうおそれがあります。とシマンテックノートン事業部の吉田一貫さんがコメントされているようだ。

フリーのWi-Fiスポットっていうのは、外出先でインターネットができる面ではいいと思いますが、無線っていうことは電波で情報が送受信されているわけですから、その辺のセキュリティ面を考えていかなければいけませんね。。本当に個人情報に関わるようなことが傍受されてしまったら、とんでもないことだと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。