So-net無料ブログ作成

98%がドコモ回線のレンタル携帯契約数制限なしが犯罪に悪用される!? [IT]

犯罪に悪用されたレンタル携帯電話について、警察庁が回線の提供元を調べたところ、約98%がNTTドコモだったことが、警察庁などへの取材で分かったようだ。他の大手通信会社が契約先の事業規模に応じて回線数を制限しているのに対し、NTTドコモは上限を設けていないことも判明し、捜査関係者はこれが「一つの大きな要因」とみているようだ。NTTドコモは「携帯電話を悪用した犯罪が起きていることは重大な問題。不正利用の状況を調査して、対策を継続的に検討したい」としているようだ。ソフトバンクは「レンタル業者にも客の本人確認が法律で義務付けられているが、念押しの意味でやっている」、ドコモは「レンタル業者かどうか確認していない。用途を把握できる立場にもない」、KDDIは「通信の自由に触れるので、使用目的は聞いていない」としているようだ。

このニュース、大手携帯キャリア3社の対応による結果が顕著に表れていると思います。ソフトバンクでは対策されていて契約数も制限を設けていて、KDDIでは使用目的は確認していないが契約数は制限を設けている、NTTドコモはレンタル業者かとか確認しておらず契約数制限もない。って所を見ても、ドコモの対策は甘いんじゃないかなぁと思います。確かに規制を緩和するってことはそれだけ利用者も増える=利益になる。ってことだと思いますが、そういう犯罪に対する対応はしっかりとやってほしいですね。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。