So-net無料ブログ作成

正真正銘の4G「LTE-Advanced」が変える携帯ネットワークの未来 [IT]

ほとんどのキャリアはLTEの規格に基づく携帯サービスを4Gとうたっているようだ。LTEは「Long Term Evolution」の略語であり、この技術の開発が2004年に始まった当時は良い名前と思われていたようだ。LTE-Advanced(高度な)が付かないLTE自体も優れた技術のようだ。理論上の最大スループット300Mbpsや、オールIPのコアネットワークといった特徴を持っているようだ。「4G」という言葉には国際電気通信連合(ITU)の正式な定義があるが、携帯業界のマーケティングでは、LTEに加えてHSPA(High Speed Packet Access)、HSPA+、その他幾つかのネットワーク技術を指す総称として使われており、ほとんどの人にはこの意味での4Gの方がなじみがあり、LTEはこれらの技術の代表格になっているようだ。LTE-Advancedは正真正銘の4G規格になっているようだ。

このニュース、LTEと言えば高速データ通信っていうイメージがありますが、どんどん高度な技術になっていっていますね。。今までWiMAXとかもありましたがスピードが全然違うことが使っていると分かります。これからも注目していきたいですね。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。